ステンレス製の洗濯ハンガーは〇〇が使いやすい!ステンレス製ハンガーのメリット&デメリット。

ステンレス製の洗濯ハンガーは〇〇が使いやすい!ステンレス製ハンガーのメリット&デメリット。

ステンレス製の洗濯ハンガーが人気で、色々なメーカーから販売されるようになりましたね。

私は約3年前にプラスチックの洗濯ハンガーからステンレス製の洗濯ハンガーに変えて、とても快適に洗濯物を干しています

大きさ違いで2つ持っていて、最近もう1つ買い足した時に、やはり「大木製作所」のステンレス製ハンガーが1番良いと感じました。

その理由とステンレス製洗濯ハンガーのメリット&デメリットをシェアします!

大木製作所のステンレス製洗濯ハンガーが良い理由

滑らない

他のメーカーは物干し竿に引っ掛けるフックの部分がステンレスそのままのものが圧倒的に多いですよね。

でもうちは物干し竿もステンレス製なので、ステンレス同士がこすれて嫌な音がします。

しかも風で横に滑りやすいので、風が強い日はストッパーをしないと心配になります。

でも、大木製作所のステンレス製ハンガーは、フック部分にゴムのカバーがついていて、滑らずにしっかりとその場にとどまってくれます

つまみやすい

ピンチ部分につながれているパーツが小さいので、つまむ時に邪魔にならず、つまみやすいです。 他のメーカーは大きなリング状になっていたりして、それが邪魔になってしまいます。

ピンチ部分が硬いものもありますが、大木製作所のステンレス製ハンガーは、プラスチック製のものに比べれば少し硬いのですが、軽めで疲れません

見た目が美しい

他のメーカーでは見た目がゴツいものもありますが、大木製作所のステンレス製ハンガーは全て細いステンレスで構成されていて、軽やかな見た目が美しいです。

部屋干ししても生活感があまり出ないのが良いです。

 

うちで使っているステンレス製の洗濯ハンガーはこちらの3種類です。

この3つにしたことで、8kgの洗濯機いっぱいに洗濯しても、全て干すことができるようになりました!

ステンレス製の洗濯ハンガー 大木製作所 からみにくい ピンチハンガー ステンレス LL 角型
¥4,045

Amazonで見る

ステンレス製の洗濯ハンガー
大木製作所 ランドリーグッズ からみにくいステンレスハンガーL
¥4,277

Amazonで見る

ステンレス製の洗濯ハンガー
大木製作所 ランドリーグッズ からみにくいステンレスハンガーDL
¥4,277

Amazonで見る

ステンレス製洗濯ハンガーのメリット

劣化せず長持ち

プラスチック製のハンガーのように、年数が経つとボロボロにもろくなって割れてしまうということがありません。

ずっとキレイなので気持ちが良いです。

ピンチ同士がからまない

ピンチの上部が両方繋がれていることによって、からむのを防いでくれています。

これでかなりストレスが減りました。

ステンレス製ハンガーにした理由はこれが1番大きいです。

高級感がある

実際プラスチック製よりも価格は高めですし、ステンレスの美しい光沢で気分も上がります

生活感がでがちな洗濯グッズなのにおしゃれ感があります。

シンプルでインテリアにもなじむので、部屋干ししたり、ハンガーを出しっぱなしにしていても気にならないのが良いです。

ステンレス製洗濯ハンガーのデメリット

重さがある

プラスチック製の洗濯ハンガーに比べると少し重くなります。

洗濯物をハンガーにセットしてからベランダに運ぶとかなり重くなってしまうので、ベランダやベランダの近くで干した方が良いと思います。

洗濯物によっては落ちる

プラスチック製の洗濯ハンガーは挟む部分の面積が広く、ギザギザの滑り止め加工がされていたりしますが、ステンレス製のハンガーは細くてツルツルです。

薄くて大判のバスタオルはそのまま干すと重みで落ちてしまいます。

ピンチ部分に少し押し込むように厚みを出すと落ちなくなります。

ピンチが硬い

私は全く気になりませんが、プラスチック製に比べると少し硬いようです。

大木製作所のステンレス製ハンガーはたくさん干しても疲れることはなかっです。

最後に

色々なステンレス製の洗濯ハンガーはありますが、大木製作所のステンレス製ハンガーを超える物は今のところないのではないでしょうか?

値段は他のメーカーより高いのかもしれませんが、その価値は大きいです。

この快適さをぜひ味わってみてください。