ザマッチ 2022 対戦結果まとめ!武尊 VS 天心の勝敗の考察、試合の感想など。

ザマッチ 2022 対戦結果まとめ!武尊 VS 天心の勝敗の考察、試合の感想など。

THE MATCH(ザ・マッチ) 2022、6月19日(日)に東京ドームで、K-1の王者とRISEの王者、キックボクシングの最強同士の夢の戦いがついに行われました。

そして、無敗続きで、同じ団体ではもう戦う相手がいないからと、ずっと試合が望まれていた武尊 VS 天心の試合が現実となりました

全16試合があり、キックボクシングの各階級の強者同士の戦いばかりで、どの試合もとても見応えがありました!

300万円の観覧席が即売してしまう理由が、分かった気がします。

ザマッチ 2022 の対戦結果一覧と、AbemaTVのPPV(ペーパービュー)で視聴した感想をシェアしたいと思います。

Advertisement

ザマッチ2022 勝敗一覧

オープニングファイト

判定 3-0

○ 大久保 琉唯(K-1)
× 那須川 龍心(RISE)

第1試合

判定 2-0

○ 鈴木 真彦(RISE)
× 金子 晃大(K-1)

第2試合

判定 3-0

○ 玖村 将史(K-1)
× 志朗(RISE)

第3試合

延長判定 2-1

○ 江幡 睦(新日本キックボクシング協会)
× 璃明武(K-1)

第4試合

延長判定 3-0

○ 風音(RISE)
× 黒田 斗真(K-1)

第5試合

判定 3-0

○ 笠原 友希(SHOOT BOXING)
× 中島 千博(K-1)

第6試合

TKO 1R 1分18秒

○ マハムード・サッタリ(K-1)
× 内田 雄大(HOOST CUP)

第7試合

判定 3-0

○ シナ・カリミアン(K-1)
× 山下 力也(MA)

第8試合

判定 3-0

○ 和島 大海(K-1)
× “ブラックパンサー”ベイノア(RISE)

第9試合

TKO 1R 1分49秒

○ YA-MAN(RISE)
× 芦澤 竜誠(K-1)

第10試合

判定 2-0

○ 中村 寛(RISE)
× レオナ・ペタス(K-1)

第11試合

KO 1R 2分47秒

○ ゴンナパー・ウィラサクレック(K-1)
× 白鳥 大珠(RISE)

第12試合

判定 3-0

○ 安保 瑠輝也(K-1)
× 山田 洸誓(RISE)

第13試合

KO 2R 0分33秒

○ 原口 健飛(RISE)
× 山崎 秀晃(K-1)

第14試合

延長判定 3-0

○ 海人(SHOOT BOXING)
× 野杁 正明(K-1)

第15試合

判定 5-0

○ 那須川 天心(RISE)
× 武尊(K-1)

Advertisement

印象に残った試合の感想


まず対戦カードを見たときに、「那須川 龍心(なすかわ りゅうじん)」の名前に目がとまりました。

「名前が似てるけど、那須川天心の弟さんかな?」と思ったら、本当に弟さんでした!

私は天心推しでしたが、弟さんがキックボクシングの選手とは知りませんでした。

今回は負けてしまいましたが、まだ16歳なので、これからの活躍に期待したいですね。

ザマッチ2022が那須川・弟で始まり、那須川・兄で終わるとは、素敵な演出ですよね。

第1試合  鈴木 真彦 VS 金子 晃大


王者同士の戦いってこんなに凄いのか…」と、レベルの高さに驚きました。

良い打撃が入っているように見えて、全然ダメージを受けているように見えなくて、打たれ強いのか、うまく力を逃しているのか、素人には見分けがつきませんでした。

お互い強すぎて3ラウンドでは差が生まれず、足りないと感じましたが、判定2-0で鈴木真彦選手の勝利となりました。

どちらも本当に強くて見応えが凄かったです。

第4試合  風音 VS 黒田 斗真


風音選手は、那須川天心のRIZINでの最後の試合の対戦相手でした。

その時の風音選手のセコンドがなんと那須川天心選手の父である那須川弘幸さんという複雑な状態でした。

そして風音選手は、あの無敗の那須川天心選手を苦戦させたのです。

今回はK-1王者に見事勝利し、風音選手の強さを証明したと同時に、那須川弘幸さんのコーチとしての凄さも証明されました。

風音選手のこれからの活躍が楽しみです!

第7試合 シナ・カリミアン VS 山下 力也


この試合は、とても奇妙で、違う競技を見ているかのようでした。

打たれても打たれても痛みを感じないかのように、ただただ前に進み続ける山下力也選手と、それに戸惑うような表情を浮かべ続けるシナ・カリミアン選手

今までだったらとっくにKO勝ちしているはずが、それが山下力也選手には通用しないと分かって、どう攻めたら良いか迷っているように見えました。

山下力也選手も前には進むものの、相手が強いせいか、あまり攻めることはできていないようでした。

お互いに戦ったことがないタイプ同士だったのかもしれません。

結果的にシナ・カリミアン選手が勝ったのですが、どこかスッキリしない表情でした。

那須川 天心 VS 武尊 の勝敗考察と感想


待ちに待った、那須川天心選手 VS 武尊選手の試合は、もう始まる前からこちらが緊張してしまいました。

元々私は天心推しでしたし、天心選手の方が強いのではないかと予想していましたが、武尊選手がこの6年間背負っていたものを知って、武尊選手も応援したくなりました。

団体同士の事情などから、なかなかこの2人の試合が実現せず、武尊選手にSNSなどでアンチコメントが来ていたそうです。

残念ながら武尊選手が負けてしまいましたが、ようやく決着が付いて、その重荷から解放されたのではないでしょうか。

2人とも本当に強くて凄い試合でしたが、やはり那須川天心選手の身のこなしが上回っていたように思います

天心選手は避けるのも当てるのも両方上手くて、武尊選手はそれに追いつけていないように見えました。

途中で武尊選手の頭が天心選手の目に当たってしまったり、キックボクシングのルールにはない投げ技を武尊選手が使ってしまったりと、武尊選手の焦りが出てしまったのかもしれません。

天心選手の目が痛そうで、ドクターストップが出てしまうのではないかとヒヤヒヤしました。

1ラウンドの終わり間近に1度、天心選手が武尊選手のダウンをとり、会場の盛り上がりが凄かったです。

このダウンが判定に影響し、最後は5-0で天心選手の判定勝ちとなりました。(この試合のみ審査員が5人でした。)

試合後は2人とも涙を浮かべながら、肩を抱き合い、言葉を交わしていました。

天心選手の試合後のマイクパフォーマンスでは、「俺、今日勝って、初めて自分で強いと思いました。今まで本当に自分が最強と思えなかったんですけど、なんかすごい嬉しいです。本当に幸せです」と語っていて、このザマッチ2022の意義はそこにあったのだと納得しました。

そしてザマッチ2022の開催された6月19日がちょうど父の日ということで、「父親、いつもありがとう。いろいろあったけど、最高のプレゼントを渡したと思う。最高の親孝行ができた」と語り、選手としても息子としても育ててくれた那須川弘幸さんと熱い抱擁を交わしていました

Advertisement

最後に

団体の壁を越えて、こんなにも強い者同士ばかりの試合は前代未聞だったのではないでしょうか?

解説席の後ろに招待された有名人がずらりと並んで観戦していたのも印象的でした。

そして何より、コロナ禍でずっと無観客や声出しNGの試合ばかりでしたが、今回は東京ドームで6万人弱もの観客が集まり、歓声や拍手、ときには立ち上がる大盛り上がりで、PPVで観ていても、会場の熱気が伝わってきて、より楽しめました

見事勝利をおさめ、無敗を守った天心選手がこれからボクシングへと転向し、どのような活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです!